黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

経験値が記憶に残る やることでできる自分を作る

2015/02/11 14:36

出来ない人と出来る人の違い
色々な人を指導してて、なぜ、同じことを教えているのに、出来る できないの違いがあるのでしょうか?
他人から見ていると、よくわかります。また、自分では、それに気づかないのです。

出来ないという人は、基本的に、理解力がないところから始まります。
頭が良いとか悪いとかの問題は、基準から外しまして、
理解するのは、言葉の意味が大事なのです。

子供のころに、分からないことを、誰かに聞いたのでしょうか?
わからないままに、してきたのでしょうか?

しかし、この辺の話だと深くなってしまうので 簡単に

出来る人を見てると、新しい事でも とにかくやってみる。
出来ない人を見てると、新しいことは、出来るか 出来ないかを考えている。


出来る人を見ていると 新しい事は自分で取り組んでみる
出来ない人を見ていると 新しいことは、出来ないからと他人に頼んでいる。


出来る人を見ていると わからないことは、自分で調べる。
出来ない人を見ていると わからないことは、聞いたら済むと思っている。


出来る人を見ていると 教えることができる そうやって さらに自分の理解を深める
出来ない人を見ていると 聞いたのに覚えていない


出来る人を見ていると すぐに取り組む
出来ない人を見てると 言い訳が多く いつか取り組むと思っているが、その いつかはやってこない


出来る人を見ていると 失敗から学ぶ
出来ない人を見ていると 失敗で挫折


出来る人を見ていると 物事の先頭に立っている
出来ない人を見ていると 常に後方に存在してる


同じ事が起きても変わる理由 プラス思考が良いとは思わないが、マイナス思考よりましだと思っています。
考え方が少しでも変われば、対処も変わります。

そんな人生でもおくれるだけましかもしれませんが 楽しいほうが良いかな。
知らないよりは 知ったほうが良いかな。

出来ないよりは、出来たほうが 楽しいのじゃないかな。
[編集]

『スポンサー広告』

関連記事

『スポンサー広告』

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


気になるものは、楽天でお買い物

アマゾンでお買い物

マイページ人気

広告サイト

忍者AdMax
カスタムCSS